• トップページへ
  • 当病院について
  • 最新情報について
  • 医療従事者の方へ
  • お問い合わせ

診療技術部について

摂食・嚥下障害の診療・評価・検査を行います。

「食べる・飲み込む」障害を抱える方の診察・評価・検査(飲み込み・栄養等)を行う外来を開設しております


»PDFデータ

診療技術部のご紹介

リハビリテーション課

理学療法
ケガや病気などで身体に障がいのある人に、主としてその基本的動作(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩く)などの回復を図るため、治療体操、その他の運動療法や、電気刺激、温熱などの物理的療法をおこないます。
これらをおこなうことで、自立した日常生活がおこなえるよう支援する医学的リハビリテーションであり、日常生活活動の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指します。

 

作業療法
作業療法は、その人が活き活きとした生活を送れるように、仕事・遊び・日常的な生活行為などさまざまな「作業」をとおして、心と体を元気にするリハビリテーションです。
その人その人に寄り添い、障がいと折り合いをつけながら、より良い今とこれからの生活づくりをお手伝いします。

 

言語療法
脳卒中等によって脳にダメージを受けたり、加齢により言語などのコミュニケーションに必要な機能や、食べる機能に障害をきたすことがあります。それらの問題を抱える患者さんに、各機能の改善を促進させる訓練、残存能力を利用した日常生活および、社会生活を営むための援助、心理ケアなど様々な側面からのリハビリを行っています。

 

訪問リハビリテーション
当院リハビリスタッフによる訪問リハビリテーションを始めました。利用者の自宅に訪問し、心身の機能維持・回復、日常生活の自立を支援するために、理学療法、作業療法等のリハビリテーションを行います。また、介護する家族へのアドバイス、相談も行います。

 

通所リハビリテーション
通所リハビリテーションでは、ご利用者様が可能な限りご自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、身体機能・認知機能・生活機能の維持向上を目的としています。当院ではリハビリテーションに特化した短時間タイプ(1時間以上2時間未満)で、ご利用時間内に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による個別リハビリテーション、自主トレーニング、物理療法、机上課題などをおこなっています。

臨床検査課

主に患者様から血液などを採取して行う検体検査と、患者
様に直接接して検査を行う生理機能検査に分けられます。

検体検査
例として、採取した血液に含まれる血球の種類や数・電解
質・糖・蛋白・脂質・酵素・感染症の有無等を測定し、診
断の一翼を担っています。また、輸血に関する検査(血液
型・交差適合試験等)も行っています。その他血液以外に
も尿・糞便・体液等の成分の分析測定も行います。

生理機能検査
患者様に直に接する検査の殆どがこの生理機能検査になり
ます。心電図・動脈硬化指数測定・呼吸機能検査・超音波
検査(腹部・心臓・血管・甲状腺・乳腺等)を行うことで、
心筋梗塞、狭心症、あるいは各臓器の腫瘍の有無を確認し
リアルタイムでの診断に役立てています。

放射線課


放射線課は、エックス線などを用いて
患者様の体内の情報を画像化し病気が
ないか検査する所です。検査はレント
ゲン撮影、CT、MRIなど様々あり、患
者様の病状に応じて行っております。
最近では、放射線による被爆が問題と
なっていますが、できる限り検査の被
爆を抑え、安心を与えられるよう努力
しております。

栄養課

当院の給食は全て直営で、調理師・栄養士が患者さまの食事を作っています。食事を楽しんでいただける取り組みの一環として、特別献立である「おおくま御膳」や行事食などに力を入れています。
また、栄養士が患者さまのもとへ伺い、一人ひとりにあった食事が提供できるよう、細かな対応を心がけています。さらに食事療法が必要な方には、入院中はもちろんのこと、外来から在宅まで、幅広い場所での栄養指導を実施しています。配食サービスの一環としてくまちゃん弁当の販売も行っており、入院中のみならず、退院後の食事にも栄養士が関わる環境を提供しています。患者さまの治療を栄養の面からサポートできるよう日々努めていますので、食事や栄養に関するご相談はいつでもお声がけください。


朗源会|ウェルフェアグループ|地域の医療介護のネットワーク|朗源会トップへ